サービス内容

net-diskでリスクマネジメント

多くのユーザのみなさんは、大事なデータのバックアップを取っていると思います。 しかし、その多くは、外付けディスクへのバックアップではありませんか? 外付けディスクへのバックアップは、個人の操作ミスなどからの復旧は可能ですが、 停電や落雷、地震などの天災から保護することができません。 なぜなら、大元のファイルとバックアップファイルが、同じ場所にあるからです。東日本大震災などを イメージしていただくと、分かりやすいと思います。 そのような危険な状態を回避するには、大元のファイルが存在する、自宅、オフィスなどから、 遠く離れた所にバックアップをする必要があります。 そこで、net-disk.jpの登場です。net-disk.jpは、外付けディスクと同じ感覚で、自宅、 オフィスから、遠く離れたネットワーク上に、バックアップを取ることが可能になります。 具体的には、首都圏から離れていて地盤が安定している新潟県内にサーバが設置されています。

もちろん、バックアップ用途のみならず、例えば、自宅とオフィスで同じファイルを参照したいなど、 ネットワーク上にディスクが存在する利便性を生かした利用方法も可能です。

また、ご利用にあたって、専用ソフトのインストールが不要でOSの基本機能のみで利用できます。 そのため、マルウェア、スパイウェアなどの危険なソフトウェアのインストールのリスクを負う必要がなく、 セキュリティ的に安心してご利用頂くことが可能です。

インターネットストレージをシームレスに利用

ネットワークドライブとして動作するため、ほとんどのバックアップソフトでのバックアップが可能です。 ユーザPCのバックアップを主体に考慮した回線構成にしているため、上りスピードが速くなっていて、 快適なバックアップを行うことができます。 Explorerでのファイルのコピーはもちろんのこと、Windows7(Professional、Ultimate)の新機能である、 標準バックアップにも対応しています。また、OSの標準機能を利用しているため、Windows 8の新機能である、 ファイル履歴機能にも対応しております。小容量から大容量まで、個人のお客様から法人のお客様まで、 幅広くご利用頂ける価格設定をご用意致しました。

ご利用、接続方法

今回は、Windows 7からの接続方法をご説明したいと思います。他のバージョンのWindowsでも基本的な流れは同じですので、読み替えてご利用頂けましたらと思います。

  1. まず、下のタスクバーの左側のエキスプローラーボタンをクリックしてエキスプローラーを起動します。



  2. エキスプローラーが起動しましたら、このような感じになります。この状態で、キーボードの最下部にある『Alt』キーを1回押します。



  3. Altキーを押しますと、下のような感じで、プルダウンメニューが出てくると思います。



  4. この状態で、マウスを使って、『ツール』の部分をクリックします。そうすると、更に下側にメニューが開きますので、『ネットワークドライブの割り当て(N)...』をクリックします。



  5. 『ネットワークドライブの割り当て(N)...』をクリックすると、下記のようなネットワークドライブの接続サーバの情報を聞いてきますので、ご契約時にメールにてお送りしたサーバ情報を入力して、『完了』をクリックして下さい。
    なお、必要に応じて、ローカルでご利用になりたいドライブを変更下さい。標準のZ:でも問題ありません。



  6. 『完了』をクリックすると、下記のような認証情報を聞いてきます。ユーザ名とパスワードを入力して、『OK』をクリックします。



  7. 認証が完了すると、新しくエキスプローラーのウィンドウが開いて、ネットワークドライブが開いた状態になります。これでご利用可能です。


適用事例

神奈川県 Little Snow うおぬまゆう先生

シンプルプランにご契約頂いている、うおぬまゆう先生にお話を伺うことができましたので、紹介させて頂きたいと思います。

うおぬま先生「私は、漫画家をしております。漫画の執筆現場も、以前は手書きでアナログ作業というスタイルでしたが、最近では、パソコンを使ったデジタルでの執筆環境も整ってきており、 ComicStudioと言う漫画執筆専用ソフトもリリースされており、現在こちらを利用して執筆しております。もちろん、パソコンでの作業ですので原稿はパソコンのデータになります。 今までも操作ミスなどで誤ってファイルを消してしまい、1ページまるごと描き直しなどの憂いの目をおってきており、ファイルの保全対策は検討課題として、ずっときにしておりましたが、ずるずると放置しておりました。 そのような中、偶然net-diskさんのページを拝見しまして、ちょっとどうかなと半信半疑ではありましたが、保険と割り切って、シンプルプランの500GBを契約致しました。漫画のファイルは、画像ファイルになり、 また、参考用の資料などのファイルが膨大で、ある程度の容量が必要になるのですが、正直金額的にはちょっと厳しいかなと思いましたが、これを機会に調べた限りでは他のサービスでは容量的や金額的に難しい上、 使用しているWindows 7の新しいドライブとして利用できる点を考慮して決めてしまいました。さっそくバックアップということで、バックアップソフトは、フリーソフトのBunBackupを利用して 作業終了後の就寝時に一括して差分バックアップを取るようにしていました。
そのような状況の中、執筆作業中に水分を摂ろうとしてペットボトルを持ち上げたところ、手を滑らせてしまい運悪くパソコンの上に水をかけてしまいました。タワー型の割と大きめなパソコンなのですが、排熱の関係か 上部がメッシュ状になっていて、そこから多量の水が侵入してしまったようで、あっ、と言う間もなく電源が切れてしまい、二度と立ち上がらなくなってしまい、頭が真っ白になってしまいました。 しかし、net-diskにバックアップを取っていることを思い出し、早々に落ち着きを取り戻し、気持ちを切り替えて、復旧に向けての検討を始めることができました。 パソコンの故障で、原稿の入稿を遅らせる訳にはいきません。お取引頂いている出版社様や編集様との信頼関係を失うわけにはいきません。急いで新しいパソコンを手配しましたが、データの復旧をどうしようかと 思案していたところ、バックアップデータ緊急宅送サービスがリリースされているのをみつけました。リリースされたばかりのサービスの上、費用も少しかかるため、ちょっと不安でしたが、 取引先様との信用確保が第一と考えて、利用することにしました。お願いしてからバックアップを戻し終わるまで、5時間弱ぐらいで終わり、結果的にはスムーズに復旧ができて、ほぼ満足しています。 あとはインターネットを利用したバックアップの復旧スピードが速くなると有難いです。」

このたびは、弊社のサービスであるnet-diskをご利用頂き、ありがとうございます。また、夜分にお伺いしご対応頂きありがとうございました。ご要望頂きました懸案事項は、課題として鋭意対策を検討致したいと思いますので、 引き続きご愛顧の程を宜しくお願い致します。

net-diskサービスへのお申込み